脳腫瘍、余命宣告。薄幸の美少女リリー「人生を無駄にしない」夢の実現へ努力

1:猪木いっぱい ★:2019/03/31(日) 17:09:06.04 ID:7Ne3EGks9.net

頭の中に「刻々と過ぎる時限爆弾」を持つティーンエイジャーは、彼女が絶望的な診断をくだされる事を、うすうす知っていたと明らかにしました。

ウェールズの少女リリーは、13歳のとき、自分の中の脳腫瘍の存在を知らされました- そしてそれは不治だったのです。

その言葉を聞くと「死刑判決のように」感じたが、勇敢なリリーは座っていて怒鳴っても意味がないことを知っていた、とウェールズオンラインは伝えている。

代わりに、彼女は彼女自身の研究に没頭し、優秀な学力を維持、航空宇宙工学の学位を勉強しています。

そして、未来が何であるかを知らないにもかかわらず、彼女は小学校教師になるという夢を実現する決心をしました。

リリー:「私の将来がどうなるか分からない。私の状態が悪化することも知っています、そしてそれはかなり怖いです。でも、その事を嘆いたって悲しんだって、何も得られないでしょう?」

脳幹神経膠腫の約75%が、20歳未満の子供および若い成人で診断されていますが、高齢の成人にも影響を及ぼします。

腫瘍はそれほど攻撃的ではなく、健康な細胞のように見えます。
しかし、それはいつでも変化する可能性があります。

最新の診断では、急成長している腫瘍が明らかとなり、さらに複雑な手術を必要とします。

しかしリリーは、小学校教師になるという彼女の夢をあきらめていません。
「明日は必ずやってくるわ、私は私の人生を無駄にしたくないの」

あなたが余命宣告を受けた時、あなたはリリーと同じ振舞いができるだろうか?

超訳の上、一部割愛 詳細はソース先へ (画像あり)
https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/teen-girl-timebomb-brain-tumour-14210923

続きを読む

脳腫瘍、余命宣告。薄幸の美少女リリー「人生を無駄にしない」夢の実現へ努力
Source: 【2ch】コピペ情報局

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。