マツダRX-7(FD3S)561万円、フェアレディZ 591万円、スープラ 1932万円 プレミアム化する日本車

1: 2019/03/16(土) 20:02:29.52 ID:ksIrk33V0 BE:323057825-PLT(12000)

アメリカ・アメリア島で「RMオークション」が2019年3月8日~9日に開催。
21回目の開催となるアメリア・オークションでは全142台が出品されるなか、日本のスポーツカーも数多くリストに入っており、その人気ぶりをみせた。
今回は国産スポーツカー4台と、高額落札モデルをトップ5を紹介しよう。

1.1993年式 マツダRX-7(FD3S)
1

落札価格(日本円):561万1485円

 個人コレクションから出品されたRX-7の走行距離は1万3600マイル(2万1887km)、2オーナーものだ。
日本においても、ロータリーエンジンの搭載モデルとして、走り好きなファンを虜にした1台。
漫画「頭文字D」や映画「ワイルドスピード」にも登場することから、海外でも高い人気ぶりをみせている。

2.1996年式 日産フェアレディZ 300ZXツインターボ
2

落札価格(日本円):591万6691円

 ロー&ワイドのスタイリングを持つZ32型フェアレディZも北米では人気の1台。
日本では当時の自主規制によって国産車初の280馬力として話題となったが、
自動車メディアでは「北米仕様は300馬力」というキャッチが目立ったモデルでもある。

1994年式 トヨタ・スープラ ツインターボ タルガ

落札価格(日本円):1932万9318円

 2019年1月のアメリカ・デトロイトショーで発表されたスープラ。
今回、個人コレクションから放出された先代の80型スープラは、走行距離1万1200マイル(1万8024km)という個体だ。

 しかも新車から25年もの間にチューニングされることなく、オリジナルのまま過ごしてきたという。

トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション」落札価格トップ5
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010004-amweb-bus_all&p=1


続きを読む

マツダRX-7(FD3S)561万円、フェアレディZ 591万円、スープラ 1932万円 プレミアム化する日本車
Source: 車速報

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。