ガソリンスタンド 全盛期の半数 6万店→3万店へ エコカーや若者の車離れが原因

1: 2019/02/08(金) 18:52:09.98 ID:xm6AIyLR0 BE:837857943-PLT(16930)

資源エネルギー庁によると、全国のGS(給油所)数は2017年度末で3万0747か所で、
ピークの1994年度末(6万0421か所)から23年連続で減少し、ほぼ半減している。この要因としては、
エコカーの普及、若者を中心とした自動車離れ、高齢化に伴う運転者の減少、
乗用車保有率が低い都市中心部への人口集中などが挙げられる。さらに、
地下埋蔵タンクの腐食防止対策の義務化、などの規制強化が小規模ガソリンスタンドに
資金的重しとなって事業閉鎖を促したとみられる。今後もガソリン需要は減少傾向が続く見通しで、
市場拡大の要因に乏しく厳しい経営環境が続くとみられる。

https://response.jp/article/2019/02/08/318933.html
no title


続きを読む

ガソリンスタンド 全盛期の半数 6万店→3万店へ エコカーや若者の車離れが原因
Source: 車速報

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。