【トヨタ】常務役員廃止へ 部長ら含め「幹部職」に 若手を積極的に登用

bsa1811151915006-p1

1: 2018/11/16(金) 11:28:27.68 ID:CAP_USER9

トヨタ自動車が執行役員の常務役員と、その下で役員待遇の常務理事、部長や室長などの管理職を務める基幹職1級と2級を廃止し、新設する「幹部職」に平成31年1月にも統合する方針を固めたことが15日、分かった。役員を少なくして経営判断を迅速化し、若手を積極的に登用する。

 制度見直しに合わせた昇格などもあるため単純比較はできないが、常務役員33人を含め現在55人いる執行役員は6割程度減る計算になる。

 トヨタは豊田章男社長と6人の副社長に権限を集中して改革を加速している。専務役員以下の担務が細かく分かれ、人数も多く「経営トップのメッセージが伝わりにくい」(幹部)という問題があり、制度刷新を決めた。新制度では現場に近い立場で働いてもらい、生産や開発、事務など各分野のプロを育てる狙いもある。

2018.11.15 19:15
SankeiBiz
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181115/bsa1811151915006-n1.htm


続きを読む

【トヨタ】常務役員廃止へ 部長ら含め「幹部職」に 若手を積極的に登用
Source: 車速報

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。