彼のために「ヘソの除去手術」を受けた23歳の彼女は今

1:SQNY ★:2018/10/28(日) 00:48:17.46 ID:CAP_USER.net
・Mexican woman, 23, removes her belly button and gives it to her boyfriend as a ‘token of love’

メキシコのハリスコ、グアダラハラ出身のポリーナ・カシジャス・ランデロスさん(23)はタトゥーや身体改造(スプリットタン やバックコルセット
で家族から生き様を否定された後、家族に距離を置かれ、離れ離れの状態にありました。

それにもかかわらず、は2015年、彼女はボーイフレンドのダニエルにプレゼントとして「私たちを人間たらしめるもの」である”ヘソ”を除去する事を決めました。

しかし、その手術から3年後の今、彼女は家族の元に戻っており、最終的には無謀な事をしたと後悔しています。

「身体改造は何かを超越できるような気がして私を魅了したの。私はとても怒っていたのよ。
全ての人々の関わり、組織、繋がりを断ち切ってやりたかったの。自分自身を象徴的に扱ったやり方で非難して、議論を植え付けたかった。」

「私は専門家によって行「手術」を受けたはずなのだけれど、とても悪い術後のケアのアドバイスのせいで感染症にかかってしまった。」

「私は苦しんで、隔離されたベッドで何日も過ごし、ストレッチや腕立て伏せはおろか、立ち上がることや笑うことすらできなかったわ。」

「その後は徐々に回復したけれど決して100%の完治はしない。」

「全ては彼との究極の愛のためだった。私たちは良い友達であり、いつもお互いを愛しているわ。」

彼女と家族との関係は改善されており、彼女のヘソを取り除くという不可解な方法がどれほど逆効果であったかを今のポリーナは理解しています。

「時間を戻す事が出来たらこんな事しないわ。衝動と無謀さで、多くの人を傷つけるもの。実行に移す前によく考える事が必要といういい勉強になったわ。」

5439288-6320235-image-a-86_1540553843131

※全文・画像はリンク先へ

27.10.2018 Dailymail
https://www.dailymail.co.uk/news/article-6320235/Mexican-woman-23-removes-belly-button-gives-boyfriend-token-love.html?ito=social-twitter_mailonline

続きを読む

彼のために「ヘソの除去手術」を受けた23歳の彼女は今
Source: 【2ch】コピペ情報局

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。