巨大な蚊がハリケーンの余波で大量に繁殖。通常の蚊の2~3倍「見るからに大きい」。米ノースカロライナ州

1:記憶たどり。 ★:2018/10/10(水) 13:33:54.69 ID:CAP_USER9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-35126757-cnn-int

米東海岸を襲ったハリケーン「フローレンス」による洪水の影響で、巨大な蚊がノースカロライナ州で大量繁殖している。

ノースカロライナ州立大学の専門家によると、この蚊は足にしま模様があり、大きさは普通に見かける蚊の2~3倍と「見るからに大きい」。
学名は「プロソフォラ・シリアータ」、一般的には「ガリニッパー」と呼ばれている。犬の寄生虫を媒介することはあるが、
人が刺されても一般的には害はないという。

ただし「巨大な蚊に刺されたり、巨大な蚊に何百回も刺されたりすれば、それ自体が公衆衛生問題だ」と専門家は話し、
虫刺されによって重い症状が出る人もいると指摘する。

蚊に刺された際の痛みや影響は人によってさまざまだが、ガリニッパーの場合、針も大きいことから、刺されれば痛みを伴う。

この種類の蚊は米東部に生息しているが、普通の状況ではあまり見かけることはない。しかしハリケーンによる洪水でたまり水が増えると、
突如として大量繁殖することがあるという。

※全文はソースで

続きを読む

巨大な蚊がハリケーンの余波で大量に繁殖。通常の蚊の2~3倍「見るからに大きい」。米ノースカロライナ州
Source: 【2ch】コピペ情報局

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。