「世界で最も黒い物質」を深さ2.4mの穴の側面に塗った凶悪トラップを美術館に設置 案の定ケガ人発生

1:名無しさん@涙目です。:2018/08/22(水) 13:22:09.07 ID:zSw5jIWm0
 
「ブラック・ホールに男性が落ちた」として話題に

「世界で最も黒い物質」でコーティングされた深さ2.4メートルの「黒い穴」に男性が落下し、
病院に運ばれることとなりました。この黒い穴はポルトガルの美術館に展示された作品の1つでした。

これが実際に美術館で展示されていた「穴」。インド出身の彫刻家であるアニッシュ・カプーア氏の作品で、
「Descent into Limbo(辺獄への転落)」と名付けられていました。

穴は深さ8フィート(約2.4メートル)で、「世界で最も黒い物質」といわれる
「Vantablack(ヴァンタブラック)」で塗られていました。

しわくちゃにしたアルミホイルをヴァンタブラックでコーティングすると、目視ではアルミホイルの
しわが全くわからないほどになります。

光を99.6%吸収するヴァンタブラックでコーティングされた穴は、深さを目で測ることができず、
底がないように見えます。

https://gigazine.net/news/20180822-man-hospitalised-after-falling-blackhole/

続きを読む

「世界で最も黒い物質」を深さ2.4mの穴の側面に塗った凶悪トラップを美術館に設置 案の定ケガ人発生
Source: 【2ch】コピペ情報局

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。