あおり運転「酷すぎ」一部始終 爆音で空ぶかし、急ブレーキも…被害者がドラレコ動画公開

1: 2018/08/16(木) 12:12:12.26 ID:CAP_USER9

自動車がバイクに急接近したり前に割り込んだりする「あおり運転」の動画がツイッター上に投稿され、その酷さに驚きの声が上がっている。

シルバーのステーションワゴンがスピードを上げて、バイクに後ろから近づいてくる。空ぶかしもしていて、すごい爆音だ。

■投稿動画は、150万回ほども再生される反響に

この動画は、アカウント名「バイク&ライディング」のバイクライダー男性が2018年8月13日、ツイッター上に投稿した。

ドライブレコーダーで撮影されたという30秒ほどの動画を見ると、車は急接近したあとに急ブレーキを踏み、その後スピードを上げて、バイクを右側から追い越した。その際に、窓を開けて何かを叫んでおり、バイクの前に割り込むと、再び急ブレーキをかけて止まった。

すると、黒い半袖シャツの若い男が運転席から出て来て、バイクの方に向けて怒鳴り散らす。そして、また叫びながら、「このヤロー!」とバイクに近づいてきたところで、動画が終わっている。

ツイートによると、6月2日に埼玉県草加市内の外環自動車道・草加インター近くであおり運転の被害に遭ったという。

男性は、今になって動画をアップした理由について、「最近死亡者も出ている煽り運転に対する抑止効果や、被害者が泣き寝入りしている現状を少しでも変える目的」だとしている。

この動画は、ツイッター上で反響を呼んで、14日夕現在で150万回ほども再生されている。車への批判が多く、「これは酷い」「本当怖いですね…」「こういう輩は捕まって欲しい」といった声が寄せられている。

■あおり運転は「暴行罪」で検挙も

ツイートによると、車の男は、バイク側が「高速道路で追い越し車線を走っていた」「追い越しざまに睨んだ」といった内容を主張したといい、先にあおり運転をしたと言いたかったのか、「警察に通報するぞ!」と声を上げた。

しかし、ライダーの男性は、睨んだりあおり運転をしたことはないとした。男の態度に腹が立ったが、バイクから降りずにそのままやり過ごし、すぐにスマホから110番通報した。駆け付けた草加署員は当初、あおり運転の立件に渋い顔だった。しかし、バイクの前後に付けたドライブレコーダーの映像を提出すると、男を暴行罪で立件できる可能性を明かしたそうだ。

警察は、車のドライブレコーダーの映像も調べて、バイク側には特に非がないと説明したという。男性は、8月14日昼過ぎ現在では、男から謝罪を受けていないとしている。

今回の件について、草加署の交通課は同日、「まだ捜査中ですので、お話はできません」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

あおり運転については、悲惨な死亡事故につながるケースもあったため、警察庁が17年12月、道交法違反のほか、刑法の暴行罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)での立件も検討するよう全国の警察に指示している。

草加署でも、こうした指示を受けて、幅寄せやパッシングなど恐怖心を与える行為を暴行罪などで検挙する考えを示した。あおり運転については、数件調べているといい、車間距離を狭められたといった通報が最近多くなっているという。

2018年8月14日 18時3分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15158404/

動画
https://youtu.be/fEWcB8QrfBw?t=3757

画像
no title


続きを読む

あおり運転「酷すぎ」一部始終 爆音で空ぶかし、急ブレーキも…被害者がドラレコ動画公開
Source: 車速報

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。