中国版『Dead by Daylight』こと『ソウル・アト・ステーク』がリリース

2:名無しさん@涙目です。:2018/06/28(木) 12:00:26.81 ID:NN/qy+eX0.net
 
非対称形対戦ゲームとして人気の『Dead by Daylight』をかなり意識したゲーム『Soul at Stake』が26日の午前より
Steamで早期リリースされた。この早期リリースというのは開発途上のもので、不具合やバランス調整ができていない
バージョンのことを指す。
プレイヤーに実際に遊んでもらい、意見を反映し改善させた物が製品版となる。『Soul at Stake』はSteamで1104円で購入可能。

では、『Soul at Stake』はどういった内容のゲームなのか? 『Dead by Daylight』同様に非対称形対戦ゲームで、
サバイバー(ギャンブラーという)4人と鬼が1人でオンラインでプレイすることになる。
鬼はサバイバー4人を殺害するのが目的でサバイバーに2回ダメージを与えることにダウンさせることが可能。
『Dead by Daylight』との違いはダウンさせたサバイバーはその場に放置で、肉フックにつれて行くという動作は無く、
殺害方法は出血死待ちか、出血量が30%になったら殺害するだけ。

サバイバーの目的はステージ内にある灯籠にカードを投入し合計の数が21になるようにする。ブラックジャックの要素も多少ある。
サバイバーはカードを最大3枚持つことが可能で、灯籠に丁度21になるようにカードを入れないといけない。
カードは銅像に行くと交換、または補充が可能。キングは13の扱いで、Aは1となるので注意。
この灯籠は『Dead by Daylight』で言うところのジェネレーターになる。

5つの灯籠を付けたらその後は脱出口に行かなくてもその場でサバイバーの勝ちとなる。

(つづく)
http://gogotsu.com/archives/41115

続きを読む

中国版『Dead by Daylight』こと『ソウル・アト・ステーク』がリリース
Source: 【2ch】コピペ情報局

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。