解体作業員が空き家から19世紀のベルギー金貨600枚を発見 1000万円超相当か

1:プティフランスパン ★:2018/06/12(火) 15:47:51.85 ID:CAP_USER9.net
2018-06-11
https://grapee.jp/513034

【AFP=時事】フランス西部ブルターニュ(Brittany)地方の村で先週、空き家の取り壊しに呼ばれた解体作業員らが、19世紀に発行された金貨600枚を発見する出来事があった。全体で10万ユーロ(約1290万円)以上の価値がある可能性があるという。

思わぬお宝発見の現場となったのは、ポンタバン(Pont-Aven)にある家屋。作業員らは鉛製の容器を見つけたが、当初は第2次世界大戦(World War II)中の砲弾と思ったという。

ところが「それ(容器)を振ってみたらコインの音が聞こえたんです」と建築会社幹部のローラン・ルビアン(Laurent Le Bihan)さん。中からはベルギーのレオポルド2世(King Leopold II、在位1865?1909年)の肖像が刻印された、1870年発行のベルギー金貨600枚が見つかった。

※全文はソースで

続きを読む

解体作業員が空き家から19世紀のベルギー金貨600枚を発見 1000万円超相当か
Source: 【2ch】コピペ情報局

↑   ↑   ↑
為になる情報をRSSにて情報提供中です!
是非元サイトでご確認下さい。