1:名無しさん@涙目です。:2018/06/03(日) 17:41:39.45 ID:W+hGAVj/0.net

口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。
『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の
異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。
歯を失った患者にとって、インプラント治療は魅力的に映る。チタン製の人工歯根を顎の
骨に埋め込むので、入れ歯よりも強く噛めるし、見た目が自然だ。
インプラント治療は自費診療なので、約30万?70万円(1歯あたり)と高額な費用が
必要となる。中には“一生使える”と聞いて大枚を叩く人もいるだろうが、何年か経過したあとに、
それらが全てムダになる事態が起きている──。
今年5月、スイスに本部を置く、FDI(国際歯科連盟)が、世界各国から24人の歯科医を招聘した。
テーマは「インプラント周囲炎」。日本から参加した弘岡秀明氏
(スウェーデンデンタルセンター院長)によると、いま、世界中で“インプラントの歯周病”が
大問題になっているという。

※全文はソースで
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_683821/

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局