1:名無しさん@涙目です。:2018/04/17(火) 16:04:31.54 ID:EFYCK6sy0.net
 

【4月17日 AFP】13歳の少年とアマチュア考古学者が歴史的なお宝を発見──。
ドイツ北部で教員とその生徒が趣味の発掘で見つけた遺物をきっかけに、
デンマークにキリスト教をもたらした10世紀の伝説的な王ハーラル1世(ハーラル・ブロタン、Harald Bluetooth、青歯王)にゆかりがあるとみられる品々が大量に発掘された。
専門家は「歴史資料を裏づける貴重な発見」とたたえている。
今年1月、ドイツ北部のリューゲン(Ruegen)島で考古学が趣味の教員レネ・シューン(Rene Schoen)さんと生徒のルカ・マラシニチェンコ(Luca Malaschnitschenko)君(13)が
金属探知機を用いて財宝探しをしていたところ、アルミニウム片のようなものを見つけた。最初はなんの価値もない破片と思われたが、よく見ると銀でできているものだと分かった。
これを受けて先週末から、地元の考古学チームが400平方メートルにわたって本格的な発掘調査を実施。
その結果、首飾り、真珠、ブローチ、指輪、北欧神話の戦トール(Thor)にまつわる金づちなどが見つかり、
これらの品々がデンマークのイェリング(Jelling)朝のハーラル1世(在位958?986年頃)と関連するものであることが判明した。

※全文はソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3171405

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局