1:孤高の旅人 ★:2018/04/14(土) 13:47:36.54 ID:CAP_USER9.net

2016年、大阪府門真市で起きた一家4人殺傷事件の裁判員裁判の判決があった。
大阪地裁は13日午後、死刑を求刑された男に、懲役30年を言い渡した。

1人の殺害で死刑が選択されるかどうか注目された今回の裁判は、遺族にとっては納得がいかない判決となった。

無職の小林裕真被告は2016年10月、門真市の民家に侵入し、川上幸伸さんを刃物で刺すなどして殺害したほか、
子ども3人も刃物で切り付けて重軽傷を負わせた。

小林被告側は、心神喪失状態だったとして無罪を主張していたが、検察側は完全責任能力があったとして死刑を求刑していた。

13日の判決で大阪地裁は、過去の1人の殺害の裁判例を検討した上で、
今回の事件は「死刑を選択するまでの具体的な根拠はない」と指摘。その上で、小林被告は事件当時、
精神疾患が悪化し、心神耗弱状態だったと認定。無期懲役ではなく、有期刑の上限の懲役30年の実刑判決を言い渡した。

遺族は判決後の会見で、「精神疾患があるからといって人を殺していいなら、
日本の法律は間違っている」と悔しさをにじませた。検察側は、控訴を検討している。

NNN
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180413-00000057-nnn-soci

★1:2018/04/14(土) 02:53:18.07
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523670761/

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局