1: :2018/03/30(金) 00:54:16.09 ID:4s9PVEm60.net

ドイツのレーダーが、落下しながら回転する制御不能な中国の宇宙ステーション「天宮1号」を撮影した。
「フラウンホーファー高周波物理学・レーダー技術研究所(FHR)が、その動画をユーチューブに公開した。
動画の説明によると「回転速度は毎秒2.2度まで大きくなり、2分43秒でその軸を1回転している」。
撮影されたのは3月27日。これは今のところ落下前に撮影された世界で唯一のレーダー画像だという。
3月28日に発表された欧州宇宙機関のスペースデブリ(宇宙ごみ)局の予測によると、「天宮1号」は3月31日午前~4月1日正午の間に大気圏に突入する見通し。

https://jp.sputniknews.com/science/201803294725287/

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局