1: :2018/03/15(木) 00:10:47.06 ID:Q6nk/OCP0.net

ハンドスピナーがEUの指定する2017年の危険商品リストに入れられた。
ハンドスピナーの入った2017年の危険商品リストのレポートは、消費者に危害を及ぼす危険性についてのEUの速報システムに掲載されている。
レポートにはハンドスピナーは、特にライトが付くタイプのものが児童に危険。
光るハンドスピナーのボタン電池を飲み込んだ場合、食道、腸が火傷する恐れがあるほか、細かなパーツが簡単に取り外しがきくタイプも恐い。
ロシアでハンドスピナーによる怪我の報告例は今までに2例あり、最初のケースは10歳の児童が角膜全体が剥がれ落ちてしまい、水晶体を除去する事態にまで発展した。
もう1件は指が抜けなくなったケースで、指がむくみ、外すのにレスキューの助けを借りた。

https://jp.sputniknews.com/europe/201803144665386/

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局