1:名無しさん@涙目です。:2018/03/13(火) 18:58:46.79 ID:xPA/1Pfo0

仕事の合間や車を運転する時、デザートを楽しむ時など、多くの人が日々コーヒーを飲んでいますが、コーヒーが人々の健康にもたらす功罪については諸説あり、
良い影響と悪い影響が混在している状況です。それでは果たして「丸一日コーヒーだけで過ごしたらどうなるのか?」という考察を、
生活に関する科学を解説するYouTubeチャンネルLife Nogginがムービーにまとめています。

アメリカ人の実に60%が毎日数杯のコーヒーを飲んでいます。しかし、ほかに何も飲まず食わずで「コーヒーしか飲まない」という状況になると、人間はどうなるのでしょうか。

そこで、Life Nogginの協力者である「WheezyWaiter」ことクレイグさんがその謎に挑みます。なお、ムービーには「ご自分では試さないでください」という注意が添えられています。

まずは午前7時にこの日1杯目のコーヒー。このムービーでは、「1杯のコーヒー」を8オンス(約230ml)と定めています。

クレイグさんが飲んだコーヒーは速やかに消化管で吸収され、中に含まれる成分が体に取り込まれます。

コーヒーに含まれるカフェインは中枢神経を興奮させる作用があり、脳内で特定の化学物質の分泌を促すことで脳の活性化をもたらします。

ここでクレイグさんが語ります。「もしあなたがコーヒーを飲むことで便意をもよおす『アンラッキーなコーヒー愛飲者』の一人だとしたら、コーヒーばかり飲んでいると休憩を多く取ることになるだろうね。これは、人によってはコーヒーを飲むことで胃の中の酸性度が上がり、消化プロセスが促進されると考えられているから」

「この時点では、僕はとても機敏で集中している。コーヒーがセロトニンやドーパミン、アドレナリンといった物質を分泌してくれるから、仕事がとてもはかどるよ」

「しかし一方で、心拍数が上がる、血圧が上がる、呼吸数が増える、目がヒクヒクするなどの悪い影響が出ることもある」

「僕の運動学習にも影響がおよび、キーボードのタイピングのような動作が難しくなってくる」

「また、脳の血流量が下がってくることを感じることもある。これは脳が最も良く活動するのに必要な血液が供給されないことを意味する」

「そうなると、僕は不安な気持ちになったり、ソワソワしてきたりするね」

「『俺に話しかけるな!』というふうに声をあげたり、みたいな」

ここで、クレイグさんがすでに8杯分のコーヒーを飲んでいると仮定しましょう。これにより、クレイグさんは800ミリグラムのカフェインを摂取したことになります。

※全文はソースで
https://gigazine.net/news/20180309-what-if-only-drank-coffee/

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局