1:Egg ★:2018/03/11(日) 18:37:31.38 ID:CAP_USER9.net
日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式が10日に神宮球場で開催されたが、その中での「始球式シーン」が物議を醸している。

 始球式は「神スイング」「神ピッチング」で有名なタレントの稲村亜美が務めた。相変わらずの見事なフォームで96キロを計測。自己最速の103キロは出なかったが、大いに会場を沸かせていた。

 

ここまではよくあるシーンではあるのだが、問題となったのは「この後」である。

 

始球式は開会式の最後に行われており、グラウンドに整列した選手たちがマウンドを空け、稲村を囲うような形に。ピッチングする稲村を360度囲うような形となってしまった。
始球式終了後は歓声が上がったが、興奮冷めやらないのか、中学生たちは稲村を囲んだまま大騒ぎ状態。

 

そして、戸惑っている稲村を囲う円が徐々に小さく……最後は中学生がなだれ込んでもみくちゃ状態、稲村もどこにいるのかわからない状態になってしまった。
アナウンスの「選手は元の位置にお戻りください」の声もむなしく響くのみ、まさに無法地帯と化してしまった。

「ネット上では『これはいかんだろ』
『そら中学生が稲村亜美間近にいたらこうなる』『運営が悪い』『稲村は大丈夫だったのか』など、心配の声が多数を占めていました。

※全文はソースで
http://biz-journal.jp/gj/2018/03/post_6044.html

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局