1:名無しさん@涙目です。:2018/03/06(火) 06:58:04.18 ID:u5g7tOCb0.net

■原燃料高が直撃、価格転嫁追いつかず

 情報化の進展に伴う“紙離れ”が止まらない。日本製紙連合会(馬城文雄会長=日本製紙社長)がまとめた2018年の紙・板紙内需試算は
前年実績見込み比0・9%減の2638万4000トンで、8年連続のマイナスとなる。内訳を見ると板紙は段ボール原紙がけん引し同0・8%増の
1199万9000トンと堅調だが、印刷・情報用紙を中心とする紙は同2・3%減の1438万5000トン。板紙は16年から3年連続の増加になるが、
07年から12年連続で減少する紙の落ち込みを埋めるほどの力強さはない。

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00010000-nkogyo-ind

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局