1:名無しさん@涙目です。:2018/02/26(月) 17:30:28.47 ID:Qal9WIEx0.net

土地所有者が敗訴=不発弾処理費めぐり―大阪地裁
2/26(月) 16:29

2015年に大阪・ミナミで行われた不発弾処理作業をめぐり、土地所有者が支払った
費用約580万円の負担を大阪市と国に求めた訴訟の判決で、
大阪地裁(比嘉一美裁判長)は26日、請求を棄却した。

判決によると、不発弾は第2次大戦末期に米軍が投下したとみられ、信管が残っていた。
15年5月、周辺300メートルの住民2200人に避難を呼び掛け、陸上自衛隊が除去。
所有者側は警備と防護壁設置工事の費用を負担した。

土地所有者は、戦後処理の一環として行政に責任があり、全額負担する自治体もあると主張。
判決は「国民が等しく受忍しなければならない戦争損害で、市が負担しないのは
裁量権の逸脱とは言えない」などと退けた。

大阪市は「市が費用を負うべき義務がないと認められた」とコメントした。
市は訴訟で「戦争は国権の発動によるもので、その戦後処理も本来は
国の責任で行われるべきだ」と主張していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000058-jij-soci

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局