1:名無しさん@涙目です。:2018/02/23(金) 23:12:04.43 ID:wUhaeuL40.net
 

アメリカカンザス州のATMにて5ドルを引き出そうとした女性が銀行から訴えられた。

1月22日にウィチタの中央国立銀行のATMから現金を引き出した。この日、ATMには重大なエラーが発生し、
機械が5ドル紙幣を100ドル紙幣と間違ってしまい、5ドルの引き出しを行うと100ドル札が出てきたのだ。
明細には100ドルの引き出しではなく、5ドル分の引き出ししか記載されていない。

これを発見した女性は娘を連れてきてATMを独占して現金の引き出しを繰り返した。ATMから現金を引き出した回数は50回で、
1分間隔で現金の引き出しを繰り返していた。

少し遅れて銀行が被害に気づき、銀行は女性と娘にお金を返金するように要求。
銀行は「最初に多くお金が出てきた際は銀行に報告し、返却する必要があるが2人はこの状況を悪用し
50回以上もお金を引き出した」と述べ、更に母と娘に利子を合わせて1万1607ドル(約124万円)を返金してほしいと要求。

しかし母と娘は銀行の要求を否定し「お金のケーキを作るために小額の紙幣が必要で、5ドル札を何度も引き出しただけ。
絶対100ドルは受け取ってない」と反論。

※全文はソースで
http://gogotsu.com/archives/37510

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局