1: :2018/02/19(月) 14:27:03.23 ID:vGYAGx6P0.net

(CNN) 動物の安楽死に使われる薬品が、米国で販売されていたドッグフードの缶詰に混入していたことが分かり、米食品医薬品局(FDA)がこのほどリコールを発表した。
FDAの16日の発表によると、J・M・スマッカー社が製造したドッグフード「グレイビー・トレイン」の缶詰から、低濃度のペントバルビタールが検出された。
ペントバルビタールは一般的に、鎮静薬や麻酔剤、動物用の安楽死薬として使われる。

中略

ただ、FDAのこれまでの調査では、サンプル検査したグレイビー・トレインに含まれるペントバルビタールは少量だったことから、
ペットの健康を害する可能性は小さいとしている。それでもペットフードにペントバルビタールを使うことは法律で禁じられており、一切検出されてはならないと強調した。
J・M・スマッカーはペントバルビタールが検出されたことを受け、グレイビー・トレインなどのドッグフード缶詰の自主回収に乗り出したことを明らかにした。
原因については、特定のサプライヤーから供給された少量の原材料にあったことを突き止めたと説明し、この成分は1カ所の製造施設でのみ使っていたと強調している。
今回の問題については極めて深刻に受け止めているとして、強い遺憾を表明。リコール対象の製品については、返金または代替製品との交換で対応するとしている。

※全文はソースで
https://www.cnn.co.jp/business/35114895.html

続きを読む

Source: 【2ch】コピペ情報局